Day 104 〝30県目 & 31県目〟【日本一周の旅】

こんにちは、ゆう(@yu_bluehat)です。
30県目・福井県と31県目・石川県をダブルで制覇!104日目の旅の記録です。

データ

日付:2018/7/13(金)

天気:☁ → ☀

気温:最高 31.2℃ / 最低 25.3℃(石川県金沢市)

ルート:アプレシオ 鯖江店(福井県鯖江市)→ 福井駅(福井県福井市)→ 金沢駅(石川県金沢市)→ 金沢カプセルホテル 武蔵町(同左)

通った道:国道8号線、県道229号線(福井県)、県道29号線(同左)、国道305号線など

走行距離:98.93 km

積算走行距離:4691 km


スポンサーリンク

日記

朝は6:00に起床。準備をして、無料サービスの朝食を食べた。

昨日、「設備に問題のある安い宿よりもネットカフェのほうが快適だ」みたいなことを書いたけれど、やっぱりそんなことないです(笑) しっかりとした睡眠はやはりちゃんとしたふとんなりベッドなりじゃないととれませんね。まあ昨日泊まった宿のふとんは薄すぎたわけだけども、それでもネットカフェのフルフラットシートで寝るよりはましだった。

8:00過ぎにネットカフェを出発。まずは福井駅へ!ネットカフェからの距離は15km弱だ。

国道8号線と県道229号線を北に向かって走った。まだそんなに気温は高くなかったけれど、湿度が高かったのでTシャツが汗で濡れた。〝僕の汗 vs ユニクロのドライEX Tシャツ〟という壮絶な(しかし世界一どうでもいい)戦いの勝者は、大変残念なことに僕の汗ということになったわけです。

8:45に福井駅に到着!これで30県目・福井県を制覇だ

 

次は石川県・金沢駅を目指して移動を再開。距離は76kmほど。

10:30過ぎに石川県に突入!だいぶ暑くなってきた…😂

11:00過ぎに、加賀温泉駅の近くの『アビオシティ加賀』内のそば屋で昼食を食べた。

↑ なぜか無性にざるそばが食べたい気分だった。おにぎりとのセットで900円。

それから1階のスーパーで飲み物を買い、サイクル・ボトルに補充して移動を再開。

周囲に田んぼが広がる道をしばらく走行。稲が気持ちよさそうに風に揺られながら、きれいな黄緑色のグラデーションを描いていました。

しばらくして国道305号線に出た。

↑ このあと道幅はもっと広くなり、車の通行量も多くなりました。

そして15:00にようやく金沢駅に到着!これで31県目・石川県も制覇だ

↑ 4枚の写真をあげましたが、これらを撮影するのに45分くらいかかりました😂 観光客が多く、なかなかいい感じの写真が撮れなかったのです。しばらく鼓門の前をうろうろしていたので完全に変な奴でした(笑)

「まあ、こんなもんか」というくらいの出来の写真をようやく撮ってから、今夜の宿をおさえるべく駅の近くのミスタードーナツへ向かった。しかし金沢駅周辺の飲食店やコンビニの前には駐輪場というものがなく、ミスタードーナツもその1つだった。そのへんに違法駐輪するしかない。しかたなくミスタードーナツに入るのはあきらめて、ちゃんとしたところに自転車を停めて入れる店を探し求めてふらふらしていたら、16:00過ぎによさげなカプセルホテルを偶然見つけた。

↑ 今朝楽天トラベルで金沢駅周辺の宿を検索したときに、ちらっと見たところだった。暑かったし疲れていたしどこかに入って宿を探すのも面倒だったので、もうここにすることにした。

チェックインは17:00からだったが、それまで1階のロビーにいさせてもらえました。この時間を利用して近くのセブンイレブンに夕飯を買いに行った。

17:00ちょうどにチェックイン。

↑ カプセルルームで1泊2,500円。ちょうど1年前にできたばかりのホテルで、施設内もカプセルルームもとてもきれいです。ちなみにカプセルルームのデザインは大雨のときにしばらく泊まった鳥取県のホテルのそれと全く同じだった(笑)

シャワーを浴びて、洗濯をして、1階のロビーで夕飯を食べた。

↑ 蒙古タンメン中本の北極ラーメン(と、辛すぎて食べられなかったときの保険としての親子丼)。かなり辛いらしいということは知っていたが、まだ食べたことがなかったので試しに買ってみた。結果、もちろん辛かったけれど食べられないというほどではなく、おいしかったです。でもそれはたぶん付属の〝極辛オイル〟を少ししか入れなかったから。全部入れていたらたぶんやばかった😨

ー・ー・ー・ー

というわけで、そんな感じの104日目でした。一気に2県を制覇できてオラ大満足だ\(^o^)/

今日、幸せだった?

今日の幸福度 … ★★★★★(星5つ中5つ)

今日もこれといって対人関係にまつわる喜びがあったわけではないけれど、幸せな一日でした。鳥取駅から福井駅までが距離的にも道路的にも大変だったので、それをようやく乗り越えた達成感が大きかったです。

ご精読ありがとうございました。

スポンサーリンク







▼この記事をSNSでシェアする▼