Day 17 〝5県目〟【日本一周の旅】

こんにちは、ゆう(@yu_bluehat)です。
5県目・愛知県を制覇!しかしいろいろあって「もう旅をやめてしまいたい」と初めて思った、17日目の旅の記録です。

<目次>

データ

日付:2018/4/17(火)

天気:☁ → ☔

気温:最高 18.3℃ / 最低 11.0℃(愛知県名古屋市)

ルート:ウィークリー翔 岐阜駅南(岐阜県岐阜市)→ バイクス・クロサワ(同左)→ 名古屋駅(愛知県名古屋市)→ ホステルわさび 名古屋駅前(同左)

通った道:県道14号線(愛知県)、県道62号線(同左)、県道190号線(同左)など

走行距離:39.20 km

積算走行距離:677 km


スポンサーリンク

日記

朝は8:00に起きて準備をし、9:30に『ウィークリー翔 岐阜駅南』を出発。
今日は午後から雨の予報だったので、昼過ぎまでには名古屋駅に着いて、午後はどこかでゆっくりしようと思っていた。

しかし、旅に出てから一番テンションの下がった事件が発生

駐輪場から自転車を出したとき、17日目にして早くも前輪がパンクしてしまったのです。駐輪場のラックから自転車を出すときに、前輪を「ガンッ」と地面にたたきつける感じで出してしまって、「やばいかな」と思ったら案の定パンクした。自転車の強度的に何度かパンクすることは覚悟していたけれど…それにしても早過ぎる…

パンク修理キットや予備のチューブは持っていたが、全く空気の入っていないチューブに空気を充填できるような空気入れを持っていなかったのと(ポンプ式の空気入れは持っていたがamazonで買った安物で全く使い物にならなかった)、かなりテンションが下がって泣きそうになっていたので(笑)、近くの自転車屋さんをiPhoneで検索した。

岐阜駅周辺には5〜6件自転車店があったが、どこも開店時間が11:00や12:00で、それまで1時間以上時間があった。このままだといずれ雨が降ってしまうし…どうしたものかと思いつつ、検索でヒットした自転車屋さんの中でも評判がよさそうで、ロードバイクを専門に扱っている『バイクス・クロサワ』というところにとりあえず行って、開店時間までお店の前で待っていることにした。

パンクした自転車を手で引きながら20分ほど歩き、10:20過ぎにお店に到着。店の前のベンチに店主らしき男性が座っていて、タバコを吸っていた。それはやはり店主である黒澤さんだった(残念ながらお店の外観や黒澤さんの写真を撮る余裕はなかった)。

「11:00開店なんですよね?」と訊くと、

「あ〜でもいいよ。どうしたの?」

「前輪がパンクしてしまって…。」

自転車で日本一周している話をすると、

「その自転車で?その装備で?」

といった感じでとりあえずめっちゃ驚かれました(笑)

黒澤さんはこれからも旅を続ける僕のことを思い、最低限の指示だけを僕に与えて、パンクの修理作業のほぼ全てを僕にやらせた。なんてありがたいことだろう。ちょっと苦戦したけれど、なんとか修理をすることができた。

ちなみに普通は旅に出る前に一度くらいはパンクの修理作業を自分でやっておくものです。そう、僕が悪いのだ。一応家の近くの自転車屋(『サイクルスポット 武蔵小杉店』)でパンクの修理方法やチューブの交換方法など見せてもらいはしたのだが、実際に自分でやったことは一度もなかった。

パンクの修理作業中に何人かお客さんが来た。そのうちの一人、趣味で自転車に乗っている方と話をした。64歳の小林さんという方で、白い髭を短く生やした、とても感じのいい方だった。日本一周の話をしたら応援してくださったので、名刺を渡した。小林さん曰く、ここ『バイクス・クロサワ』は岐阜県一の自転車店ということだった。ここに来て本当によかった…!

修理が無事終わってから、チェーンにさす油とちゃんとした空気入れ(自転車に装備できる大きさのポンプ式のもの)を購入。そのあと黒澤さんにチェーンのクリーニングまでやってもらった。

ちなみにパンクの原因はおそらく、空気圧が低すぎた状態で走り続けてしまったことだった。これも適切な空気圧を僕がきちんと把握していなかったことが原因だ。自転車やタイヤの強度が問題ではなかったことが分かり、少し安心した。

気づけば2時間くらい経過していた。出発する前に、黒澤さんのご友人やお知り合いで、日本や世界を自転車で旅した方々の話を聞き、勇気をもらった。自分なんて大した知識も経験もない、ただの初心者サイクリストなのだということを思い知った。

何か黒澤さんにお礼がしたかったので、一度バイクス・クロサワを出てから近くにあったこちらのお店で焼きそばを買い、もう一度戻って黒澤さんに差し上げた。

ちょうど空腹だったということで喜んでもらえて、僕も嬉しかった。最後に黒澤さんと名刺を交換して、別れた。「何かあったらいつでも電話してくれていいよ」という神のような言葉をいただいた。

そのあと僕も焼きそばとあげパン、そして百円お好み焼きを食べ(黒澤さんも言っていたが味は価格相応だった)、13:30くらいに名古屋駅を目指して出発。予報通りちょっと雨が降り始めていた。

20分ほど走って、愛知県に突入

雨はそこまで強くなかったので、多少濡れてもいいから予定通り名古屋駅まで行くことに。すると走行中に運良く雨は止んでくれた。

15:20くらいに名古屋駅に到着!入ったばかりだがこれで5県目・愛知県を制覇だ。

それから、またしてもテンションが下がる事件が発生します。本日2度目だ。

ちょうど名古屋駅に着いた頃にまた雨が降り始めた。それも結構な本降りだったので、とりあえず自転車をどこか屋内の駐輪場に停めることにした(チェーンに油をさしたばかりだったので、絶対に屋内に停めたかった)。

駅の近くの交番で駐輪場がないか訊くと、「屋内はないなぁ…」と2人の男性警官に言われた。すると奥から女性の警官が出てきて、「ここなら屋内で雨に濡れない」という駐輪場を2つ教えてくれた。「いやあるんかい。さっきの何やってん」と心の中でツッコみつつ3人の警官にお礼を言って、その2つの駐輪場に向かった。

その2つの駐輪場はどちらも、大きなビルに併設された駐輪場だった。まず1つ目に行って、インターホン越しに係の人に駐輪したい旨を伝えると、

「タイヤがそのサイズの自転車は対象外なんですよね〜」

撃沈だ。雨の中、折りたたみ傘をさしながら自転車を引いて歩き、もう1つのほうへ。

するともう1つのほうも、貼ってあった注意書きによると事前に申請をして許可を受けた自転車しか駐輪できないところだった。

どうしようか困っていると、真っ黒なレインコートを着た係のおじさんがちょうど来たので、一時駐輪ができないか訊いてみた。その人は内線的なものでビルの人と連絡をとり(いやあなたが係の人じゃないんかい)、何かを確認したあと、

「事前に申請をしていただく必要がありますね〜」と言った。

僕は言った。「無理を承知でお願いなのですが、一晩だけここに自転車を停めさせていただけませんか。もちろん駐輪代はお支払いしますので」

「そういったことは当ビルでは無理だと思います」

…はぁ。

旅をしていて思っていたことだが、都会であればあるほど、そして大組織であればあるほど、人に人の心がないというか、融通が利かない。僕が係の人間なら、たとえあとで上司に怒られようと、雨の中困っている旅人の頼みくらい聞くだろう。

「融通の利く、人に優しい大人であろう」と改めて決意しつつ、その2つの駐輪場はあきらめて、とりあえずどこか雨に濡れないところを探した。というかあの女性警官、親切に教えてくれたとはいえ無責任なことを…。そう考えると最初に「ない」と言っていた2人の男性警官は正しかったのだ。

しばらく歩き、大きな道路の高架下に自転車を一時的に停めて、そこでMacBookを取り出して宿を探した。気づけば駐輪場を探す作業を1時間半くらいしていて、もう17:00になっていた。

17:30にこちらの『ホステルわさび 名古屋駅前』にチェックイン。

↑ ドミトリータイプの部屋で、1泊2,200円。自転車も無事、入り口の雨に濡れないところに停められた。

いろいろあってかなり疲れていたし、雨に濡れて体も冷えていたので、このあとはもう何もしないでゆっくりすることにした。夕飯は近くのすき家ですませた(牛丼の並盛り、350円)。

ー・ー・ー・ー

というわけで、そんな感じの17日目でした。旅に出てから初めて「もう旅をやめてしまいたい」と一瞬思いました。

最後までご精読、ありがとうございました。

スポンサーリンク







▼この記事がいいと思ったら SNSでシェアをお願いします!