Day 2 〝人からもらったおにぎりのうまさ〟【日本一周の旅】

こんにちは、ゆう(@yu_bluehat)です。
人が自分のために作ってくれたおにぎりのうまさに感動!2日目の旅の記録です。

データ

日付:2018/4/2(月)

天気:☀ / ☁

気温:最高 23.5℃ / 最低 13.9℃(神奈川県横浜市)

ルート:鶴ヶ峰駅近くの友達の家(神奈川県横浜市)→ 鎌倉駅(神奈川県鎌倉市)→ 江ノ島(神奈川県藤沢市)→ 江ノ島ゲストハウス134(同左)

通った道:県道21号線(神奈川県)、県道402号線(同左)、県道302号線(同左)、国道134号線など

走行距離:35.16 km

積算走行距離:64 km


スポンサーリンク

日記

朝は8:00過ぎに起きて、友達の家で朝ごはんをいただいた。

それから友達とそのお母さん、おばあちゃんとゆっくり話をしつつ準備をして、11:15に友達の家を出発!

まず目指すは鎌倉駅。

↑ 桜がきれいだった。今朝友達の家で観たニュースによれば、今年は全国的に暖かくて桜が散るのが早いということだったが、見られてよかった\(^o^)/

戸塚駅、大船駅、北鎌倉駅を通りすぎ、14:00に鎌倉駅に到着。

↑ 大船駅。

↑ 建長寺。

↑ 鶴岡八幡宮。

↑ 鎌倉駅。

次は江ノ島を目指すことに。国道134号線を海岸線に沿って走行した。

その途中に由比ヶ浜で、今朝友達のお母さんに作っていただいたおにぎりを食べた。

↑ これが感動するほどおいしかった…(T_T) 晴れた日に海を見ながら食べる、人が自分のために作ってくれたおにぎりほどうまいものはないかもしれない。

とはいえ1人でおにぎりを食べていたら寂しくなってきたので、人に声をかけることに。たくさんの人と出会って話をするというのが今回の旅の目的の1つだ。

近くにいた3人の若い女の子とおにぎりを食べながらしばらく話をした。3人は高校の同級生で、19歳の大学2年生ということだった。若ぇ…。旅の目的の1つとはいえ、海で女の子に声をかけるというのはナンパ以外の何物でもない。でもそんなことを気にしていたら男性とばかり話をすることになってしまうので、女性にも声をかけていこうと思います(笑)

記念に一緒に写真を撮ってくれた。

それから3人と別れ、海沿いを走って江ノ島へ。

↑ 奥のほうに写っているのが江ノ島。

30分ほどで江ノ島に到着。しかし自転車に乗った状態だと意外とやることがなく、日も暮れてきたので、iPhoneで今日泊まる宿を探した。空きがあり、かつ料金も良心的なゲストハウスがあったので、そこに向かった。

向かったのは『江ノ島ゲストハウス134』。片瀬江ノ島駅の近くにあります。

↑ ドミトリールームで1泊2,400円。

↑ スタッフのお2人と。親切でいい方たちでした!

夕飯はこちらの地下1階のCafe & Barで食べた。

↑ トマトリゾット(500円)。スタッフの村山さん(先ほどの写真の右側に写っている方)と話をしながらおいしくいただいた。

ー・ー・ー・ー

というわけで、そんな感じの2日目でした。昨日に比べて新しい人と出会って話ができたし、日中に気持ちよくペダルをこげたので、体は疲れたけれどとてもいい一日になりました。

今日思ったこと

今日思ったこと。それは…

リュックを背負いながらの自転車旅は結構しんどい

ということ。

僕の自転車はGIOSMIGNONというミニベロ(小径車)なので、あまり多くの荷物を積載することができない。もちろん今回の旅用に新しい自転車を買うことも考えた。しかし僕にとってこの自転車は、ルフィたちにとってのゴーイング・メリー号(ONE PIECE)のような、乗り慣れた愛着のある存在なのです。というわけで荷物の量をなるべく少なくし、自転車に装備できない分はリュックに入れて背負って行くことに。

しかしこれが…重い…。

この先がちょっと不安です(笑)

ルフィたちの船も結果的にサウザンド・サニー号になったからなあ…うーむ。でもそれはメリー号が航海できなくなってしまったからの話だ。僕のMIGNONは今のところ問題なく走れている。ならばこれで行けばいい!リュックは重いけど!

ご精読ありがとうございました。

スポンサーリンク







▼この記事がいいと思ったら SNSでシェアをお願いします!