Day 39 〝銀閣寺と哲学の道〟【日本一周の旅】

こんにちは、ゆう(@yu_bluehat)です。
神社やお寺に行きすぎて正直ちょっと飽きてきてしまった…(笑) 39日目の旅の記録です。

<目次>

データ

日付:2018/5/9(水)

天気:☁ / ☀

気温:最高 19.8℃ / 最低 12.7℃(京都府京都市)

ルート:カレンダーホテル → 琵琶湖(ここまで滋賀県大津市)→ 慈照寺 → 京都駅 → マクドナルド 十条大宮店 → 京都ホステル RYOKAN(後半の4つは京都府京都市)

通った道:国道367号線(烏丸通り)、府道101号線(今出川通り)、府道143号線(3つとも京都府)など

走行距離:29.93 km

積算走行距離:1356 km


スポンサーリンク

日記

朝は7:00に起床。まだ少し雨が降っていました。天気予報によれば少しずつ晴れてくるとのことだったので、なるべく天気が回復するまで待って、チェックアウト時刻である10:00に『カレンダーホテル』を出ることに。

準備をして、近くのセブンイレブンで朝食を買ってきてラウンジで食べました。期間限定でパンの100円セールをやっていました。セブンイレブンはだいたいなんでもおいしい🤔

まだ曇ってはいましたがとりあえず雨はやんだので、10:00にチェックアウト。駅の近くの駐輪場まで自転車を取りに行き、管理人の方に空気入れを借りてタイヤに空気を補充しました。

まずは琵琶湖へ。大津駅からすぐです(というか琵琶湖は大きすぎて、たぶん滋賀県のどこからでも比較的すぐ行ける)。

ちょっとだけ湖岸に沿って走行しながら琵琶湖を眺めてから、10:30過ぎに慈照寺銀閣寺)を目指して出発。途中で結構きつい上り坂がありました。

↑ こんな感じの山道(道は舗装されている)。

坂を乗り越え、12:00ちょうどに慈照寺(銀閣寺)に到着!ようやく晴れました。拝観料500円を払って中へ。

↑ 観音殿(銀閣)。趣深かった…。

慈照寺も昨日の平等院や宇治上神社と同じく、世界遺産・『古都京都の文化財』の構成資産の1つです。1時間ほどかけてゆっくり寺院全体を回りました。鹿苑寺(金閣寺)には高校生のときに行ったことがありましたが、慈照寺は今回が初めてでした。個人的には慈照寺の幽玄な雰囲気のほうが好きです。

慈照寺を出て、哲学の道を自転車を押して歩きました。

例によって観光客は多かったですが、それにも関わらず、慈照寺や哲学の道にはゆったりとした穏やかな時間が流れているように感じました。また来たいと思わせる不思議な何かがありました。

ただ、ゆっくり回りすぎて結構疲れてしまいました(笑) 自転車をこぐよりも、徒歩でどこかを観光するほうが疲れるのはなぜだろう。

それに旅に出てからいろいろな神社やお寺を見てきたので、ちょっと飽きてきてしまいましたw 慈照寺(銀閣寺)にはずっと行ってみたいと思っていたので行きましたが、過去に行ったことのある鹿苑寺(金閣寺)や清水寺には今回は行かないことにしました。さらにはまだ行ったことのない龍安寺なども、また別の機会に誰かと一緒に行くことにしました(1人での観光は結構さびしいw)。

そんなわけで哲学の道をあとにして、「でもせっかく京都に来たからなぁ…龍安寺も行こうかなぁ」とちょっとまだ迷いつつw、こちらのお店で昼食。13:30過ぎでした。

↑ かつとじ丼(750円)。

食べ終えて、やはりもう次の目的地・兵庫県を目指すことにし、出発。その途中でもう一度京都駅に寄りました。

↑ やっぱり晴れてるほうがいいな。

この時点で14:45くらい。基本的に移動するのは15:00までと決めているのですが(わりと最近決めた)、今日は全然移動できていなかったのでどうしようか迷いました。でもやはり結構疲れていたので、十条駅の近くで偶然見つけたマクドナルドに入り、今日の移動はここまでにすることにしました。

今日はテント泊にするつもりで、ずっとマクドナルドで過ごしていましたが(夕飯もすませた)、19:00過ぎに試しに周辺の宿を検索してみると、1泊2,300円のゲストハウスを発見したのでこちらに泊まることにしました。もっと早く探せばよかった😅

↑『京都ホステル RYOKAN』。十条駅の近くです。

↑ 男女混合ドミトリー。GWのあとだったので、僕とアジア系の男性1人しかいませんでした。

すばらしいのが、朝食が無料ということ!朝になると1階の共用スペースにカレーとパンが用意され、自由に食べていいそうです。

というわけで、そんな感じの39日目でした。慈照寺と哲学の道に行けたのはよかったのですが、移動距離も短く全体的に天気もそんなによくなかったので、なんとなくパッとしない1日でした。明日は神戸駅を目指してひたすらペダルをこぎたいと思います。

ご精読ありがとうございました。

スポンサーリンク







▼この記事をSNSでシェアする▼