Day 137 〝仙台滞在記⑧〟【日本一周の旅】

こんにちは、ゆう(@yu_bluehat)です。
久々におばあちゃんに会いに行きました!137日目の旅の記録です。

データ

日付:2018/8/15(水)

天気:☁ / ☀

気温:最高 34.3℃ / 最低 25.3℃(宮城県仙台市)

ルート:移動なし(宮城県仙台市に滞在)

通った道:自転車に乗っていない

走行距離:0.00 km

積算走行距離:6592 km


スポンサーリンク

日記

朝は10:30に起床。相変わらず遅い。

今日はおばあちゃんに会いに行くことになっている日!宮城県塩竈市で一人暮らしをしている、僕の母方のおばあちゃんです。会うのはおよそ2年ぶり。

僕が小学校低学年くらいの頃まではよく、母と弟と3人で電車に乗って遊びに行っていました。ところが僕や弟が大きくなるにつれて、遊びに行く頻度はだんだん低くなってしまった(関係が悪化したということでは全くなく、単純に年齢的に)。それに行くときは電車ではなく車を利用するようになったので、「電車に乗っておばあちゃんの家に遊びに行く」ということを長いことしていませんでした。というわけで今回はかなり久しぶりに電車に乗って、そして(記憶の限りでは)生まれて初めて1人で、おばあちゃんに会いに行くことに。

おばあちゃんの家の最寄り駅は西塩釜駅というところ。まずは仙台駅まで行き、仙台駅から仙石線に乗ります。

↑ 仙台駅の仙石線乗り場。

電車に乗り、さっそく懐かしいことが!

↑ 左下のほうに写っている、「ゆびにご注意ください」という注意喚起のシール。これ、僕が子どもの頃から変わっていないんです。顔と同じくらいの大きさの手を持ったおじさん(いや…よく見ると年齢は不詳だな)がとても痛々しい表情をしているので印象に残っていました。

電車の中で、仙台駅のニューデイズで買ったハイチュウを食べました。

↑ 子どもの頃、電車でおばあちゃんの家に遊びに行くときに駅の売店でよく母に買ってもらっていました。ハイチュウなんてこれまでの人生で何度も食べてきたけれど、仙石線の車内で食べてみると「これからおばあちゃんの家に遊びに行くんだなぁ」という実感が、26歳になったいまでも湧いてきました。不思議なものです。

30分ほど電車に揺られ、13:15過ぎに西塩釜駅に到着。

↑ どうしよう。懐かしすぎる。

そこから歩いておばあちゃんの家へ。道の雰囲気はだいぶ変わっていたけれど、周辺の景色、雰囲気、匂いなどは驚くほど昔のままで、なんだか安心しました。

先月82歳になった僕のおばあちゃんはとても元気そうでした。僕が子どもの頃からずっと、世界で一番優しそうな顔をしています。そして実際に世界で一番優しい。『ドラえもん』に出てくる、のび太のおばあちゃんの雰囲気と似たものを持っています。

14:00前でしたが、昼食として出前をとって2人で食べました。

↑ はっきり言って味自体が格別においしいというわけではないけれど、格別においしかったです。何を食べるかじゃなくて、誰と食べるかですね(キラーン)。

おばあちゃんの家にはなぜかいつも、たくさんの果物とオロナミンCがある。今回もラーメンを食べたあとで、ぶどうとみかんとオロナミンCをいただきました。そのすべてがおいしかったです。お腹いっぱいだったけど。

時間が過ぎるのが本当にあっという間でした。おばあちゃんの家の時計の中には小人が住んでいて、彼らがせっせと時計の針を速く回しているのかもしれない。それほど楽しい時間でした。

16:25発の電車に乗って帰りました。3時間くらいお邪魔していたことになる。

ー・ー・ー・ー

というわけで、そんな感じの137日目でした。とても穏やかで平和な一日だった。たまたま今日が終戦記念日だったこともあり、結構本気で、世界から戦争がなくなればいいのになと思いました。

今日、幸せだった?

今日の幸福度 … ★★★★★(星5つ中5つ)

言うまでもなく、今日はとても幸せな一日でした。来年の夏もまたおばあちゃんに会いに行こう!

ご精読ありがとうございました。

スポンサーリンク







▼この記事をSNSでシェアする▼