日本一周・Day 12 〝日本一星空が綺麗な村〟【阿智村】

日本一星空が綺麗な村・阿智村にやってきました!12日目の旅の記録です。

訪れた有名・おすすめスポット

  • 阿智村(長野県下伊那郡)

データ

日付:2018/4/12(木)

天気:☀ / ☁

気温:最高 20.9℃ / 最低 7.7℃(長野県伊那市)

ルート:伊那中央ホテル(長野県伊那市)→ リフレッシュ in ひるがみの森(長野県下伊那郡阿智村)

通った道:国道153号線、国道256線、県道15号線(長野県)など

走行距離:60.00 km

積算走行距離:494 km


スポンサーリンク

日記

朝は6:00に起きて、まず溜めてしまっていた昨日と一昨日の分の〝旅の記録〟を執筆。それから準備をし、朝食として食パンを食べ、オーナーのおじいさんに別れを告げて9:45くらいに伊那中央ホテルを出発。今日は日本一星空が綺麗な村・阿智村へ!

昨日の山道の反省を活かし、なるべく大きくてメジャーな通りを走ろうと思い、県道15号線をひたすら走りました。今日もずっと上り坂と下り坂の連続。天気はよく、相変わらず景色と空気が綺麗でした。

↑ 11:45くらいに途中にあった道の駅で休憩。

ひたすら走り続け、13:15頃ファミリーマート(飯田上郷黒田店)で昼食にしました。道沿いにはお店というものがしばらく何もなく(道の駅で昼ごはんを食べなかったことをちょっと後悔)、ようやくコンビニに巡り会えたのでここで食べることに。

↑ 四川風麻婆豆腐丼とファミコロ。イートインスペースで食べました。

会計のときに話したことがきっかけで、このファミリーマートの店長の若い男性と親しくなり、名刺を交換しました。コンビニの店員と名刺を交換するなんてことも人生にはあるんですね。ぼくと同じくらいの年齢に見えたのに、店長。すごい。

食べ終えてから移動を再開。途中で国道153号線・国道256線に切り替えます。

本当に、上り坂をぜぇぜぇ言いながら上っては下り坂を下る、という繰り返しです。それに加えて向かい風も強く、わりとしんどかったけれど、今日は天気がよかったのでがんばれました。

そしてついに阿智村に突入

ここからさらに5〜6km走り、15:00過ぎに、予約していた宿『リフレッシュ in ひるがみの森』に到着。

↑ 1泊5,940円(+入湯税150円)。10日目のラブホテルと1,000円くらいしか変わらないのに、何から何まで雲泥の差です(旅館とラブホテルを比較するのはおかしな話だけど)。旅の予算的には大オーバーだけど、ずっと来てみたかった阿智村ということでよしとしました。

阿智村には昼神温泉という温泉地があり、基本的に阿智村で星を見る場合はこのあたりの宿のどこかに泊まり、夜ゴンドラに乗って山の上に行くツアーなどを利用して天体観測をする、というのが一般的みたいです。

しかしなんと、そのツアーが明後日の4/14(土)からで、標高の高いところには行けませんでした。でも宿の周辺も阿智村であることに変わりはないし、晴れているだけでもよしとしよう。

部屋でゆっくりし、お風呂に入り、19:00過ぎに部屋で夕飯を食べました。夕飯は1階の売店で買ってきたこちら。

『ホームラン軒 みそラーメン 信州みそ仕立て』とパン。売店に売っていた食べ物が、ぼくが世界で一番好きな食べ物である味噌ラーメンのカップラーメンとパンだけという奇跡。

フロントの方が、星を見るなら街明かりがほとんど消えてから(22:00〜23:00過ぎ)がおすすめと言っていたので、それまで部屋で明日以降のルートを考えたりしました。でもちょっと気になって、部屋の窓から夜空を見上げてみたら…かなり綺麗な星空が見えます。

22:00〜23:00にこの記事を書いたので、これから外に出て星を観て、あとで追記したいと思います。

【追記】
23:00過ぎに外に出て夜空を見上げてみたけれど…さっきよりも雲がかかっていて星はあまり見えませんでした。
もう少し粘ってみようと思い、いったん部屋に戻って1:00くらいまで仮眠をとることに。しかし、気づいたら朝の5:00になっていました。目覚めたときの「やっちまった感」…。

今回残念だったこと。

・旅の道中で立ち寄ったのでしかたないが、天体観測ツアーがやっている時期ではなかったこと
・空に雲がかかっていたこと(空全体の40%くらい)
・仮眠をとるつもりが気づいたら朝になっていたこと

まあでも、ずっと来てみたかった阿智村に来られたのでよしとします。

ー・ー・ー・ー

というわけで、そんな感じの12日目でした。阿智村はいつかまたリベンジしよう!

ご精読ありがとうございました。また明日!

スポンサーリンク







▼この記事をSNSでシェアする▼