Day 21 〝伊勢神宮〟【日本一周の旅】

こんにちは、ゆう(@yu_bluehat)です。
初のお伊勢参り!21日目の旅の記録です。

データ

日付:2018/4/21(土)

天気:☀

気温:最高 21.0℃ / 最低 12.2℃(三重県津市)

ルート:伊勢ゲストハウス紬舎(三重県伊勢市)→ 伊勢神宮(外宮・内宮・おかげ横丁)(同左)→ ビジネス旅館 近畿荘(三重県津市)

通った道:伊勢街道、国道42号線など

走行距離:48.80 km

積算走行距離:871 km


スポンサーリンク

日記

朝は6:00に起きるつもりが7:00に起床。 伊勢神宮に行くのが土曜日になってしまったので、混雑を避けるために早朝のうちに行ってしまおうと思っていたのだが見事に寝坊した。ちょっと慌てて準備をして、7:45に『伊勢ゲストハウス紬舎』を出発。リュック以外の荷物はゲストハウスに預けて、自転車で移動することにした。

外宮(げくう)→ 内宮(ないくう)→ おかげ横丁 の順に行くことに。
8:00くらいに外宮に到着。ゲストハウスから1kmちょっとしかなかったのですぐに着いた。

30分ほどで外宮での参拝を終え、次にここから5kmほど離れた内宮へ。

ちょっと上り坂に苦戦したり道に迷ったりしつつ(笑)、20分ほどで内宮に到着。

↑ 開運・心願成就のお守りを買った。日本一周の旅が無事成功しますように。

写真(それもiPhoneで撮影したもの)では全然伝わらないと思うのですが、長い歴史や荘厳な雰囲気を肌で感じることができました。

予定よりも遅くなってしまったけれど、運良くまだそんなに混んでいなかった。僕が内宮を出た9:45くらいからだんだん混雑してきた。タイミングがよかったみたいだ!

最後におかげ横丁へ。

↑ 尋常じゃなくおいしかった。みたらしと三色、それぞれ120円。

おかげ横丁でだんごを食べ終えたのが10:30くらいだったので、外宮・内宮・おかげ横丁、全部で移動も含めて2時間30分ほどで回ったことになる。たぶん結構スピーディーなほうだ。

それからゲストハウスに戻り、少し休憩させてもらってから、荷物を持って12:00くらいにまた津駅を目指して出発

次の目的地は奈良駅だが、伊勢市から最短ルートで行こうとするととんでもない坂道を通ることになるので、ぐるっと遠回りをして行くことにした。津駅方面に戻り、伊賀市を通過していくルートで、奈良駅まで127km(最短ルート+10kmくらい)。今日はお伊勢参りで少し疲れたので、津駅周辺の宿に泊まることにした。ゲストハウスからの距離は40km弱だ。

12:30くらいに、道沿いにあったすき家で昼食を食べた。旅に出てからの牛丼率がとても高い。栄養が…でもお金がそんなに…。

それから国道42号線を北に向かって走った。

そして15:00前に『ビジネス旅館 近畿荘』に到着。

↑ 1泊3,200円。部屋に入るやいなや眠りの世界に入ってしまった(2時間くらい)。観光と移動を1日でやるとそれくらい疲れるということが分かった。

夕飯として近くのファミリーマートで買ったミートソースパスタと食パンを食べた。コンビニのミートソースパスタ率も高めだ。

それから洗濯をして、21:00から部屋で『嵐にしやがれ』を観た。僕は嵐が好きで、嵐の番組はこの7年くらい毎週欠かさず観ていたが、旅に出てからはなかなか観られていなかった。久々に観られてよかったです。

ー・ー・ー・ー

というわけで、午前中は伊勢神宮、午後は移動と宿でゆっくり、という感じの1日でした。
明日は7県目・奈良県を目指します。この旅館から100km弱あるのですが…奈良駅近くのよさげなゲストハウスをもう予約してしまったので、行かざるをえなくなりました。頑張ろう。

気になった方言について書いてみる

静岡の自転車店のおやじさんの「おみゃー」という方言が新鮮だった、ということを6日目の旅の記録で書きましたが、今回も気になった方言について書きます。

それはコンビニやドラッグストア、牛丼屋(すき家)などでの会計時の出来事。

店員さん「お会計、◯◯円になります」

僕「ではこちらで」(お金を払う)

店員さん「△△円、お預かりいたします。✕✕円のお戻しです

僕(…お戻し?)「あ、どうも〜」

…おしまい。

岐阜県に入ったあたりくらいから、お釣りを渡す際に「お戻しです」と言う店員さんにちょこちょこ出会ってきた。もちろん普通に「お返しです」と言う店員もいるのだが、「お戻しです」はこれまでにあまり聞いたことがなかったので、気になりました。東海や近畿ではそう言うんだろうか🤔

ご精読ありがとうございました。

スポンサーリンク







▼この記事がいいと思ったら SNSでシェアをお願いします!