Day 10 〝そういえば日本は新期造山帯だった〟【日本一周の旅】

こんにちは、ゆう(@yu_bluehat)です。
もう上り坂ばっかり😂 10日目の旅の記録です。

<目次>

データ

日付:2018/4/10(火)

天気:☀

気温:最高 21.1℃ / 最低 3.3℃(山梨県甲府市)

ルート:ゲストハウス ソノママ(山梨県甲府市)→ 富士見駅(長野県諏訪郡富士見町)→ 長野県茅野市のラブホテル

通った道:国道20号線など

走行距離:57.00 km

積算走行距離:335 km


スポンサーリンク

日記

朝は7:00に起きて、1階のラウンジスペースでパンを食べながら今日のルートを考えた。次の目的地・岐阜駅まではかなり距離があるので、何日かかけていくつかの場所を経由して行く必要がある。今日は距離や勾配を考慮して、長野県の富士見駅まで行くことにした。

9:20過ぎに『ゲストハウス ソノママ』を出発。駅の駐輪場まで向かおうとしたときにちょうど、昨日話をした山上さん(26歳の旅人)と会うことができ、駅まで一緒に歩いた。駅に着き、握手をして山上さんと別れ、富士見駅を目指して出発!

今日は主に国道20号線を走った。空気と景色はきれいだったが、大型トラックがたくさん通る道だったので、大きな走行音と排気ガスがちょっと残念だった(トラックは何も悪くないけれど)。

今日も基本的にずーーーっと上り坂だった。「なんでこんなに坂道ばっかりなんだ…あ、そっか日本は新期造山帯だったわ高校の地理Bで習ったわ」みたいなことを何度も考えながら坂道を上りました(笑) きっとなんでこんなに上り坂ばかりなのか、納得できる理由がほしかったのだろう。

14:00前にやっとの思いで富士見駅に到着。標高は約950m。甲府駅の標高は約270mなので、700m弱上ったことになる。道理で疲れるわけだ…。

半端じゃなく空腹だったので「さあ昼飯だぁ!」と思ったのだが、富士見駅周辺には驚くほど何もなかった。コンビニすら見当たらない。大学生のときに一度来たことがあったのだけれど、こんなに何もなかったかなぁ。「やばい、詰んだか…」と諦めかけたが、駅構内にそば屋さんがあったので、かけそばの大盛りといなりを注文して駅の待合室で食べた。助かった😭

体力とルート的に今日の移動はここまでにし、富士見駅周辺で宿を探すことに。しかしここで問題が発生。このあたりにはゲストハウスやホステルもなければ、安いビジネスホテルもないのだ。ある宿泊施設といえば10,000円前後するホテルや旅館など…。野宿という選択肢も考えたが、今日の夜は8日目に野宿したときよりも冷えそうだったので、困った。困ったちゃんだ。

悩んだ末、今日はラブホテルに泊まることにした(もちろん1人です)。なんと4,980円で泊まれるところが諏訪南I.C.付近にあった。予算的には高いけれどこれが最も安い選択肢だった。

18:00にチェックイン。ホテルの名前や画像を出すことは控えますが、一言で言うと泊まってすごく後悔しました。汚いし、通信環境は悪いし、何といっても従業員の態度が最悪だった。こういうホテルのスタッフにサービスの質を求めるのも変な話なのかもしれないが、それにしてもひどかった。

夕食としてあらかじめコンビニで買っておいた食パンとカップラーメンを部屋で食べた。

長野県のラブホテルの一室で、事を終えた男女が紅茶を淹れるための電気ポットでお湯を沸かし、それでカップラーメンを作り、1人で食べることになるとは夢にも思わなかった。

ー・ー・ー・ー

というわけで、そんな感じの10日目でした。しつこいほどの上り坂に、従業員の態度が悪い宿。残念ながらあまりいい日ではありませんでした。昨日との落差がすごい。

最後までご精読、ありがとうございました。

スポンサーリンク







▼この記事がいいと思ったら SNSでシェアをお願いします!